トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 第三者機関とは > H24年度 審査委員会議事の概要 > 第2回

第2回

第2回安全で美味しい島根の県産品認証審査委員会 議事概要について

日時: 平成24年8月29日(水) 13:45~15:50
会場: 島根県民会館 308会議室
出席者: 審査委員(安食審査委員長(畜産振興協会家畜衛生部長)ほか3名)、県関係者等出席

議事

  1. 認証更新審査(赤梨1件、米8件、鶏卵1件)について
    ○農産部会より、認証更新申請案件9件について説明しました。
    • 隠岐藻塩米の栽培において、藻塩の使用によって成分に違いが生じるか質問があり、年によっても成分に変動があることから明確な有意差が確認されていないことを説明しました。
    • 合鴨米において合鴨の防疫対策について質問があり、鳥インフルエンザのリスクは11月以降に高まることから、夏に合鴨を引き上げる合鴨米では問題無いことを説明しました。
    • 認証について諮ったところ、認証は適当と決定されました。
    ○畜産部会より、認証更新申請案件1件について説明しました。
    • 特に質疑は無く、認証について諮ったところ、適当と決定されました。
  2. 鶏卵及び肥育牛の認証基準の改定について
    ○畜産部会より、法令の改正に伴う「鶏卵」及び「肥育牛」の認証基準の改定について説明しました。
    • 認証基準の改定について諮ったところ、認証基準の改定が承認されました。
  3. 監査報告について
    農産部会から認証を受けた生産者(おうとう1件、ブルーベリー4件、米2件)に対して実施した現地監査の状況について、指摘事項はなく、良好に生産されていることを報告しました。
    水産部会から認証を受けた生産者(イワガキ2件)に対して実施した現地監査の状況について、指摘事項はなく、良好に生産されていることを報告しました。
  4. 当面の取り組みについて
    事務局から、取り組み状況(特に8月の美味しまね親子料理教室、9月の新聞広告掲載、美味しまねランチ)について報告しました。
    次回の日程調整にあたり、日程を12月20日頃とすることを確認しました。



ページトップ