トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 第三者機関とは > H21年度 審査委員会議事の概要 > 第3回

第3回

第3回安全で美味しい島根の県産品認証審査委員会 議事概要について

日時: 平成21年9月1日(水) 13:30~15:45
会場: 島根県民会館 3F 307会議室
出席者: 審査委員(山本審査委員長(島大学長)ほか7名)、県関係者等出席

議事

  1. 鶏卵の認証審査について
    • 畜産部会より、認証申請案件1件について提案説明をしました。
      特に質疑等はなく認証適当と決定
  2. 赤梨の認証審査について
    • 農産物部会より、認証申請案件1件について提案説明をしました。
      不適合項目があった場合の是正措置報告について、様々な意見が出されましたが、最終的には認証適当と決定しました。
      なお、議論の中で、予備審査システムなどにより指導を行ったうえで、本審査を行ってはどうかなどの意見がありました。
  3. 米の認証審査について
    • 農産物部会より、認証申請案件2件について提案説明をしました。
      申請案件のうち1件は精米、1件は玄米の認証申請ですが、玄米は流通販売業者が精米・販売するところまでの認証ではないことの説明をしました。
      特に質疑等はなく認証適当と決定
  4. その他
    • 8月3日に知事が東京・大田市場でトップセールスを行った際、しいたけの認証取得者も参加し、販売促進を行ってきたこと
    • 8月31日、消費者・流通業者・生産者・県担当者も含め研修会実施。また、認証品目も増えてきて、量販店等での販売促進も検討していく予定であること。
    • 認証制度に係るGAP指導員・審査員養成を行い、体制整備を図っていること。
    • 今後、審査委員会において、加工品、ブロイラーなどの認証基準の審査、また、新たな品目の認証審査が見込まれていること。その他、制度の確立に向けた意見をいただきたいこと
    • 次回の審査委員会を10月中旬に開催予定であること



ページトップ