トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 第三者機関とは > H28年度 審査委員会議事の概要 > 第4回

第4回

第4回安全で美味しい島根の県産品認証審査委員会 議事内容について

日時:
平成29年3月14日(火)13:30~15:15
会場:
島根県庁会議棟第5会議室
出席者:
審査委員5名、県担当者

議事

  1. 新規認証審査

穀類(米)1件、青果物(こまつな、ほうれんそう等)2件について、農産部会から説明
菌床きのこ(ぶなしめじ)1件について、林業部会から説明
内水面養殖魚(ホンモロコ)1件について、水産部会から説明

ア、           
不適合項目
なし
イ、
質疑

・用水はどこから取っているか。安全か?
 →周辺河川水を使用。周辺に工場等はなく、問題はない。
・稲ワラの処理と堆肥の関係は?
 →畜産農家に供給し、堆肥を還元している。耕畜連携を実践している。

菌床きのこ
・農薬を使うのか?
 →使用しない。消毒用アルコールで殺菌は行うが、基本は高温滅菌処理。
・ビンの回収処分はどのように行うのか?
 →清掃してから再利用を行う。

ホンモロコ
・病気は発生するのか?
→今のところ大きな病気はなく、薬品を使わないのが原則。
・水は安全か?
→山水、河川水使用。取水口は奥部にあり、工場等はない。
ウ、
審査結果
承認適当
  1. 更新審査

○青果物(ほうれんそう)1件について、農産部会から説明
菌床きのこ(まいたけ、エリンギ)2件について、林業部会から説明。
鶏卵(鶏卵)1件について、畜産部会から説明。

ア、
不適合項目
・抗生物質、薬品等の使用に関する項目はあるか?
→農林水産省の医薬品使用基準、他県事例等を参考に作成していることを説明。
・記録が重要だが、基本に詳しく書いた方が良いのではないか?
→現地審査で状況を確認することとなる。
・個別の管理マニュアルが別に作成されているか?
→作成されている。
イ、
質疑

鶏卵
・不適合が1カ所あるが?
→是正されている。誤植である。
・餌は国産か?
→全て国産は無理。飼料米も使う。遺伝子組み換えにも配慮されている。

菌床きのこ
・栄養剤は国産か?
→原料までは確認していないが、製造は国内。安全性は確認されている。
・ネオビタスとは、何の資材か?
→ウイスキー粕のことである。

ウ、 審査結果
承認適当

  1. 監査報告

○穀物2件、青果物12件、肥育牛1件、鶏卵1件について報告

ア、
質疑
なし

  1. 監査の省略

○上記監査報告のあった12件のうち、規定に基づき次回監査を省略することができる5件について諮り、承認された。

その他

次の3点を説明し、終了。
(1) 美味しまね認証・平成28年度のまとめ
(2) 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会 食材調達基準の検討状況  
(3) その他



ページトップ