トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 第三者機関とは > H29年度 審査委員会議事の概要 > 第4回

第4回

第4回安全で美味しい島根の県産品認証審査委員会 議事内容について

日時:
平成29年12月22日(金)13:30~15:30
会場:
島根県庁会議棟第1会議室
出席者:
審査委員6名、県担当者

議事

  1. 新規審査

〇青果物3件について、農産部会から説明

ア、           
不適合項目
青果物1件についての不適合について、是正報告が提出されたことを説明。                    
イ、
質疑
・出荷できないものはどうされているか。加工されているか。 
 →土壌還元されている。必要な施設に譲渡されているものもある。
・学校の生産物の販売方法は。      
 →農業祭と校内販売。量は少ない。
・ぶどうの調製施設の防虫、小動物対策は。
 →網戸で防いでいる。小動物のハウス内への侵入は防ぎきれないため、樹に登らないようトタンを巻いて防いでいる。                                            
ウ、
審査結果
承認適当
  1. 生産工程管理基準の一部修正について           

〇生乳について、畜産部会から説明

ア、
質疑
なし   
イ、
審査結果    
承認  

  1. 監査報告

〇穀物5件、青果物4件、茶1件、生しいたけ2件、鶏卵3件、肉用鶏1件について、各部会から報告

ア、
質疑
・鳥インフルエンザ対策は。
→防鳥網等により徹底している。
・養鶏場に行ったら、石灰で道路が真っ白になっていた。今でも同様に消毒されているのか。                                              →そのとおり。
・鶏肉は、農場でGAPをしても、食肉加工場で他の肉と一緒になればメリットがないのではないか。
→ 万一事故が起きた場合の、無実の証明になる。他の取引先との取引が始まる可能性がある。
・原木きのこの推進は。   
→美味しまね認証は2経営体。菌床と併せて推進している。
・大豆の推進は。                                             
→水田転作として、条件整備、交付金等で支援しているが、一部で団地化されているが、湿害等で作りにくい面があり、栽培面積は少ない。  
 美味しまね認証の大豆は味噌加工が中心。 
・県内JGAPの動向は。 
→現在2経営体。意向は数社ある。今後増える見込み。                                                                                                                                               

  1. 監査の省略

〇上記の監査報告のあった16件のうち、規定に基づき次回監査を省略することができる9件について諮り、承認された。

その他

  その他事項なく、終了。



ページトップ