トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 第三者機関とは > H29年度 審査委員会議事の概要 > 第5回

第5回

第5回安全で美味しい島根の県産品認証審査委員会 議事内容について

日時:
平成30年3月15日(木)13:30~15:30
会場:
島根県庁職員会館教養1
出席者:
審査委員6名、県担当者

議事

  1. 新規審査
青果物4件、林産物1件、畜産物1件について、農産部会、林業部会、畜産部会から説明
ア、
不適合項目
青果物2項目、林産物3項目、畜産物1項目についての不適合について、是正報告が提出されたことを説明。          
イ、
質疑
・化学合成農薬不使用と農薬不使用は違うのか。
 →有機JASでは使える農薬があるため、敢えて「化学合成農薬」と表記した。
・アスパラは露地とハウスがあるが、出荷は別か。      
 →同時期に収穫される場合は区分されない。
・この作物は農薬をあまり使わないと思うが、何に使うのか。
 →病害虫は発生するので、防除に使われる。
・柿の出荷はどのようにされるのか。
 →脱渋のためドライアイスを入れて出荷される。
・干し柿の乾燥方法は。 
 →衛生面に配慮した天日、乾燥機が用いられる。 
・椎茸は構成員が多いが、日頃の管理はどのようにチェックされるのか。   
 →自己点検と、団体事務局監査が行われる。
・牛乳に認証シールを貼ることになるのか。
 →現在検討中。
・放牧とあるが、購入飼料は給与しないのか。
 →冬期を中心に、濃厚飼料、購入乾草を与えている。その際の安全性は確認されている。          
ウ、
審査結果
承認適当
  1. 更新審査                                                          
青果物1件、林産物1件、畜産物1件について、農産部会、林業部会、畜産部会から説明
ア、
不適合項目
なし                   
イ、
質疑
・和牛に輸入餌を与えても、和牛か。その安全性は。
 →和牛の遺伝子を持つものが和牛。
   輸入飼料の安全性は、国が検査し、確認されたもの。
   単価は高くなるが、信頼性の高いものを購入されている。
   人が食べても安全な残渣を利用する等工夫もされている。
・国内の飼料米をもっと使えば良いのでは。
 →振興しているが肉質面から、全量ということにはならない。
・トマトを店で見たが、包装が丁寧で、気をつけていることが伝わる。 
ウ、
審査結果
承認適当
  1. 監査報告
穀物1件、青果物5件、茶1件、きのこ類1件、水産物1件について、各部会から報告
ア、
質疑
なし        

  1. 監査の省略

上記の監査報告のあった9件のうち、規定に基づき次回監査を省略することができる5件について諮り、承認された。

その他

  委員任期2年につき、今審査会をもって、任期満了であることを伝え、終了。




ページトップ