トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 残留農薬検査について > 残留農薬検査について

残留農薬検査について

 島根県では、認証された農林産物が適正な生産工程管理(農薬の適正使用やドリフト対策、農薬と生産物の接触リスクの低減等)のもとで生産されていることを確認するため、上位認証取得者の生産ほ場で採取した検体を対象として残留農薬検査(米については、カドミウムの分析を含む)を実施しています。

 残留農薬検査の方法は、100成分一斉分析(予め定められた別添100成分について分析する分析方法)とし、100成分以外の農薬については、認証取得者がリスク評価の上、残留リスクが高いと判断した場合、追加分析を行うこととしています。したがって、必ずしも使用された全ての農薬について分析を行っているものではありません。

 なお、令和4年度から、上位認証取得者には残留農薬検査計画のご準備をお願いしております。

美味しまね認証残留農薬等検査規程 [pdf:176KB]
一斉分析対象農薬成分 [pdf:149KB]

令和4年度美味しまね認証残留農薬検査について

 令和4年4月1日付け産支第903号および令和4年4月5日付け産支第840号で認証取得者あて通知(新規認証取得者においては、認証書送付と同報予定)しましたこのことについて、下記のとおり実施します。
 上位認証取得者におかれましては、県が実施する残留農薬検査(無料)へ検体をご提出いただけますが、追加分析をご希望の場合は、検査費用のご負担をお願いします。
 なお、基本認証者において検査が必要な方につきましては、各自で実施いただきますようよろしくお願いいたします。
                 

 <令和4年度美味しまね認証残留農薬検査>
1 検査対象
  美味しまねゴールド取得者
2 検査の進め方
  「令和4年度 美味しまね認証産品の残留農薬検査の進め方」のとおり
3 検査実施期間
  本通知到着後(新規認証取得者は、認証決定通知到着後)から令和5年3月31日  
4 留意事項
 ・残留農薬検査計画を策定の上、これに基づいた検査を実施すること。(現地審査は10月1日から適用)
 ・「安全で美味しい島根の県産品認証制度残留農薬等検査規程」に基づき、検体の提出を行うこと。
 ・検体を提出される方へのお願い
  検体を各地域の窓口等にお持ち込みの場合は、検体の取り違いを防ぐため、検体送付表農薬使用履歴の写しと共に、梱包された検体に(1)「美味しまね認証の残留農薬検査」であること、(2)検体名(品目等)、(3)提出者名(認証者名)、がわかるようにご記入ください。


令和3年度の残留農薬検査との主な変更点 [pdf:627KB]
令和4年度美味しまね認証残留農薬検査の進め方 [pdf:647KB]
検体送付表(様式1) [docx:18KB]

残留農薬等検査結果(令和4年度)

 令和4年度に実施した残留農薬検査の結果は下表のとおりです。



※ 栽培期間中農薬不使用  
      



ページトップ